一度は食べるべき。VESTRI(ヴェストリ)チョコレート「アンティーカ・ジャンドゥイア」

グルメ

今年のバレンタインデーは、妻からVESTRIのチョコレートをもらいました。

アンティーカ・ジャンドゥイア。
スカイブルーのパッケージとゴールドのロゴがすごく可愛らしい!

溶かして食べることもできるチョコレートとのことだったので、ちょっとワクワクしながら食べてみました。

Antica Gianduia 2 Classico/クラッシコ

わたし知らなかったんですけど、これ、すごい人気なんですね。
テレビでも紹介されたりして。

今回頂いたのは定番である、ミルクチョコレート「フィオレンティーナ」と、ピスタチオで仕上げた「ピスタッキオ」がセットになったものです。
VESTRIのチョコがより美味しく食べられるようにと、特製の金スプーンが付いていました。

茶色いのが「フィオレンティーナ」で、緑がかったチョコの方が「ピスタッキオ」になります。

とりあえず、定番の味である「フィオレンティーナ」を食べることにしました。

まずは常温で

最初から結構柔らかめなのかな?と思っていましたが、冬の常温ではちゃんと固まっていました。

せっかくなので、最初は普通に食べてみます。
って、うおおおおお、ねっとり!!!やわらかめ!

すごくねっとりしてる!チョコレートのペーストって感じ。
で、すっごーく濃い!
甘さも、カカオの苦さや香りも、とにかく濃い!
チョコがねっとりしてるから、余計に濃く感じます。

そして、ヘーゼルナッツの香ばしい味があとでグッと引き立ってきます。

ミルクチョコレートでナッツ?って食べながら思ってたんですけど、ジャンドゥイアチョコレートってナッツ類のペーストとチョコレートを混ぜたものなんですね。
知らなかった!

全体的にかなり濃くて、ひとくちでも口の中が幸せでいっぱい。
食べ終わっても香りが凄く良くて、更に幸せ。

ブラックコーヒーにすごく合いました。

溶かしてみた

半分くらいを美味しく食べたところで、今度は溶かしてみました。
私は電子レンジでやってみたのですが、600Wで20秒〜30秒くらいってところで。
そうすると、とろとろ!完全にフォンデュ。

そのとろとろしたものを口に入れると、常温で食べたのとはまた全然味が違いました。
濃厚なのは変わらないんだけれど、ヘーゼルナッツの香りがより強く感じられて、カカオの苦みもすこし和らいで。
もう全く別のチョコレートと言っても良いんじゃないかって思うくらい、味に違いがあって楽しい!

普通に食べるのも美味しかったけど、溶かして食べるほうが個人的には好きかも。

ディップして楽しむのもありとのことで、家にあるもので。

「もなかのも」です。
富山県の高野屋商店さんの最中の皮。
この最中の皮、すごく美味しくて、そのままでもパリパリ食べちゃえるくらい。

富山県のアンテナショップで見つけたんだけど、この名前だとひっかからない。
ちなみに通販だと、包装が全然おしゃれな感じになってるのがありました。

ディップで食べると、これまた楽しいですね。

家で手軽にチョコフォンデュできるのはちょっとうれしいかも。
ディップするものにもよるとは思うけれど、濃厚さの割にすごく調和するんですよ。
ひゃー!おいしい!!

ってことで、結局妻と一缶分ペロリ。

女子が食べる、女子の本命チョコかも

アンティーカ・ジャンドゥイアを実際食べてみた感じだと、本当に香りも味も、そして甘さも濃厚でした。
甘いのが苦手な男子だと、食べきれないかもってくらい濃厚です。。。
さっき書いたように、コーヒーとの相性が抜群すぎたので、それと合わせれば問題ないかなっと。

でも、どちらかというと、ナッツの香ばしい香りがめちゃくちゃ良くて、女子ウケしそうなチョコだなって思いました。
なので、自分へのご褒美!とかスゴイ良さそうですね。
一日で全部食べきる必要も無いみたいなので、冷蔵庫で保管しつつ、毎日ちょっとずつ食べるというのもまた贅沢。

男子としては、ホワイトデーに女性にあげたい商品ですね、これ。
スカイブルーの箱と缶がめちゃくちゃカワイイし、スプーンもカワイイ。
それでいて美味しいのに、色んな食べ方が出来る!
こんなオシャレで楽しいチョコレート、貰って嬉しくない訳がないと思うよ!

まだ食べていないピスタチオのチョコレートもこれから食べるつもり。
あー、楽しみ!
タイトルには一度は食べて見る価値みたいなこと書いたけど、何度でも食べる価値アリだと思いますわ。

ちなみに今回、妻はちょっと早めに購入していたみたいなんですが、バレンタインデーが近くなってからそのお店を通ったら、売り切れちゃっていたみたい。
イベントごとのタイミングで買うなら、なるべく早くのほうが良いらしいですよーって言ってみる。

コメント