知らないとテンション下がる!IHIステージアラウンド東京に行くときの注意点

IHIステージアラウンド東京 日常

今年の2017年にオープンした新感覚の劇場、「IHIステージアラウンド東京」。

現在キラーコンテンツとなっている超人気劇団である劇団☆新感線の「髑髏城の七人」が豪華キャストがクールごとに変わりつつロングランしています。
そのこともあって、昔から観劇をし続けている方は勿論のこと、どんなもんかと興味をそそられて感激しに行く方も多いのではないかと思います。

特に、360度客席が回転し今までにないような大胆な演出を体験できるということで、回数をこなす度にチケットも取りにくくなっているようです。

私はというと、髑髏城の七人を「花」「鳥」「風」、「月」の「上弦」「下弦」となんとか制覇。

ちなみにアイキャッチにしてる写真は先日行った上弦の月。

IHIステージアラウンド東京

どのバージョンも、非常に良くて、「極」についても、行く気マンマンで楽しみにしている一人です。

さて、今回「IHIステージアラウンド東京」について、行く際の注意点を書いておこうと思います。

同じTBSが運営している「赤坂アクトシアター」をはじめとして、他の劇場に行ったことが有る方はもちろんのこと、初めて観劇をされるかた、そして初めてIHIステージアラウンド東京に行く方は必見です。

[toc]

注意点その1:IHIステージアラウンドまでの道

まずはIHIステージアラウンド東京に行くまでの注意点です。
主に市場前駅のことについて。

そう、ここは行く前から注意していかなければならないのです……!!!

※この記事は2018/2/9現在までの状況です。時が経てば状況は変わるので改善される可能性があります。

廃墟に来た錯覚になるけれど恐れないこと

IHIステージアラウンド東京の最寄り駅は「市場前駅」です。

市場前駅と聞いて、あるニュースで超絶話題になっているので、知らない人はほぼいないんじゃないでしょうか。

はい、「築地市場の豊洲市場への移転問題」における、中心土地ですね。

おかげで、既に盛り上がっていただろう市場前駅は、廃墟のようにそびえ立つ暗い「豊洲市場」が目の前にあるだけ。

一応電車からIHIステージアラウンド東京は見えているからそこまで不安にはならないと想うけど、とにかく寂れているようにしか見えないんですよ。

正直遠目から見たらIHIステージアラウンド東京もやっているのか不安にならなくもないのですが、ちゃんとやってます。怖がらないで!

コンビニ行きたい?そんなものはないぞ

東京の主要だったり、大きな建物がある駅であれば、駅前にコンビニがあるのは当たり前。

ですがですが。

市場前駅は今のところコンビニがありません(2018年2月現在)。

これが移転問題の副産物か……。

コンビニに依存している方は別として、観劇行く前にコンビニ寄ってから向かおうかな!って人もそこまでたくさんいるわけでは無いと思います。

しかし、そうは言っても突発的に何か物入りになったときに困ります。
(女性は生理用品が必要になる、とかもあるので、特に思うかもしれませんね)

また、観劇の休憩中にコンビニでなにか買っておいたのを食べるよ!って方も少なくないと思います。実際多いしね。
なのに、最寄り駅で買えないっていうのは結構めんどくさいですよね。

ということで、もしコンビニに寄りたい場合は、家からの最寄りだったり、乗換駅のコンビニにいくことをオススメ。
というか今はそれしかコンビニへのアクセスがないですが!

なお、ゆりかもめ乗り換えのタイミングが1番楽だと考えられるのだけど、同じこと考えている方も多いので、結構混んでることが多いです。
特に豊洲駅のセブンイレブンとかはこれに該当するんですが、もし利用したいなら時間に余裕を持って行動しましょう。

あとは、新豊洲で降りてしまうとかですかね。アクセス的には徒歩8分と少し遠くなってしまうのがネックですが、まだマシかも。

観劇前に最寄り駅で店でゆっくり座って食事をしたい?無理です!

コンビニが無いと書きましたがコンビニ以外の店舗はあると思いましか?
いいえ、現状残念ながらありません。

IHIステージアラウンド東京内に軽食のあるカフェや、日にちによっては劇場前にキッチンカーも出ていたりすることがありますが、観劇前にゆっくり落ち着けるような場所が非常に少ないです。
強いて言えば、劇場の外にベンチがあるので、そこでのんびりするか、劇場内に点在してるベンチに腰掛ける感じかなー。

そのため、座って食事を摂りたい、特に昼公演の前であればランチをしたい!という方は、別の駅で食べてくるべきです。

これについても、ららぽーともあるし、他のお店もけっこうあるので、乗り換え駅となる豊洲駅が一番便利。

はたまた、夜公演であればせっかくだから月島でもんじゃ食べてから行ってみたり、または都心で普通に食べる、というのがベター。

あとは台場に行ってみる、とかも悪くないかもです。
とにかく軽食以外で考えているのであれば、他で食べてくるべき。

ATMも無いぞ!後々泣くことになるぞ!

ATMくらいはあるだろう、そう思ってたこともありました。
はい、これも無いです。わお。

先述のキッチンカーはもちろん、カフェやグッズを現金で買おうと思っている場合は、注意が必要です。
また、SUICAなどのICカードに残金が入っていない方。ホント注意ですよ!

雨風はしのげるようにしておきましょう

IHIステージアラウンド東京までは、市場前駅から徒歩1分なのでそこまで時間がかかりません。

しかしながら、入場開始時間に間に合うように、余裕を持って行こう!と思っている場合は、なかなか入れず外で並ぶこともあります。

そのときに天候が悪いと、ちょっと辛いです。
実際一度だけ雨だった日があるんですが、結構困った。。

雨風から逃げられる場所がないので、悪天候になりやすい時期は注意が必要です。
もしかしたら開場してからしばらく経ってから到着する、くらいのほうが気楽かもしれません。

注意点その2:劇場内編

酔い止め持ってけ

人によっては酔うらしいです。たしかに目も回るような感覚にもなるしね。
今のところ私は酔ったーってことはないけど、一緒に行った人なんかは、体調悪かったせいもあるのか少し酔ってた。

で、二日酔いの人は注意ね。二日酔いの人が「気持ち悪い……」と呟いてましたので。
映像も若干3Dみたいに映像がグラグラ変わります。
なので、3D酔いする人は辛い劇場かもしれないです。

多くの人がなるわけではないけれど、酔い止めがあるだけでも気持ちが楽になると思います。

荷物はコンパクトにしていけ!

地方から来る方は勿論ですが、関東住まいの方も注意しないといけないポイント。

コインロッカーもありますが少なめなので、大荷物の方は主要駅などのコインロッカーなどに預けておいたほうが良さげ。

また、座席と座席の間がすごーく狭いので、座席下に荷物を置きにくいです。
なるべくコンパクトにしていくことが大事。

出来れば痩せておけ!

唐突にダイエットしろという話。

先程も書きましたが、座席間が本気で狭いです。
他の劇場に比べてかなり前後の間がなく、人が既に座ってたら座席間は足一つ分くらいしか広さが無いくらいです。

通るときはすでに座ってた方が一度立たなきゃならないレベル。

細い人ならどうにかなるんですが、ふくよかな人は一苦労しそうです。

どちらにせよ、真ん中の席になっている人は、早めに着席するのがベスト。

途中退出しにくいよ!

座席が狭いので出にくい、というのも1つありますが、もう一つ気をつけておきたいのが、舞台が始まると座席が回ることです。

座席が回っている間は退出ができません。
危ないはもちろんですが、出入口が移動しちゃうからですね。

途中でどうしてもトイレに行きたくなった方は、座席が回り終わった後に素早く出ないといけません。

ちなみに座席が回るのは主に背景の転換のときです。

舞台が始まる前にトイレには必ず行くべき。
トイレ近い!って方は、ビールなども休憩で飲まないほうが良いかも。

でもなんだかんだ楽しいぞ!

というわけで、注意点をざっくり書いてみたら、思いの外すごいことになりました。

でも、ハードルが高いわけではなく、意外に一般的な注意点なので、なんとなく頭に入れておけば安心できるってポイントたちです。
この注意点を守らねば死ぬ、なんてこともないので。

何度行っても、360度回転する舞台ってめちゃくちゃ面白いです。
劇団☆新感線だからってのもありますが、他の劇場では体験できないことばかりで見ごたえのある劇場に仕上がってます。
実際に何度も足を運んでいる私が言うので、間違いないかと!

怖がらずに一度行ってみて、一緒に「IHIステージアラウンド東京」の新感覚観劇を楽しみましょ!

コメント