雨風、そして雪にも強かった!コロンビアのレインシューズ「ホーソンレイン ウォータープルーフ」を1年使ってみた感想

ホーソンレイン ウォータープルーフ レビュー

私服通勤なので、スニーカーで仕事に行くことがほとんどなのですが、天候が悪い日は非常に靴選びに困るわけで。
これって私服通勤あるあるですよね。

小雨程度ならまだしも、大雨になるとスニーカーはずぶ濡れ、足の中もぐちゃぐちゃで、乾燥させるにも時間がかかって下手したらスニーカーが駄目になったりしちゃうこと、少なくないです。

で、レインシューズでメンズも使えるようなものになると、かなり種類が限られてくるんですよね。
スーツに使えるようなレインシューズはお手頃価格なものも多かったりして羨ましいなーと思ったりするわけですが、スニーカーとなるとまるで話が違ってきます。

ただ、昔よりはオシャレなものも増えたので、ようやく検討してみることに。
そんなこんなで書いた記事がこちら。

素材がゴムじゃない!晴れの日に履いても違和感がないオシャレな全天候型レインスニーカーオススメ3選
レインシューズって、いかにも!みたいなレインシューズなのが多くありませんか?レインシューズって、表面というか、アッパー素材がラバーになってるものがほとんどなような気がします。雨の日なら全く気にならないのだけれど、天気を読み違えたりしち...

この記事ですが、実は前に執筆途中で投稿してなかったものです。
今回の記事を投稿する上で、最新の内容に修正、追記をしましたのでした。
なので、内容的に時間軸がおかしいように感じるかもですが、ご了承ください。。

さて、そういうわけで、結果的にコロンビアのレインスニーカー「ホーソンレイン ウォータープルーフ」を購入し、約一年間履いてきました。

1年近くホーソンレイン ウォータープルーフを履いてみて、どうだったかを含めて今回は書いていこうと思います。

形とか色とかどんな感じ?

せっかく撮ってたので、箱からのレビュー。

ホーソンレイン ウォータープルーフ

ブランドカラーの青が素敵な箱です。

で、ホーソンレイン ウォータープルーフ、今回白もオシャレだなと思ったので迷っていたのだけれど、一足目のレインシューズということもあり、ブラックを購入しました。

ホーソンレイン ウォータープルーフ

ツルツルテカテカしていない、イイ感じのマット感。
パット見、レインシューズとは思えないような外見。
そうそう!こういうのを求めていたんです。

そして、他のレインスニーカーには無い最高すぎる特徴のこれね。

ホーソンレイン ウォータープルーフ

サイドにあるジッパーのおかげで、脱ぎ履きが本当に楽。
他のレインスニーカーは、靴紐を緩めないと脱ぎ履きがしにくいので、手がビチャビチャになっちゃう。
でもホーソンレイン ウォータープルーフなら、そんな事はなく気持ちよく脱ぎ履きできるんですよ!うおー!

もちろん、靴紐も飾りではなくちゃんと機能しています。
靴紐を緩めて脱ぎ履きするってのも一応できます。
ただ、どちらかと言えば、靴紐で足にしっかりフィットさせて、脱ぎ履きはサイドのジッパーを使用するっていう感じになります。

なお、右下のロゴみたいなものはウォータープルーフ仕様だよっていう目印です。
ウォータープルーフのファブリックを使用し、結合部分の縫い目には、縫い目をシリコン系テープなどで覆うシームシール加工が施されています。
シームシール(シームシーリング)は、アウトドアで使用するようなウェアやテントにも施される加工。
さすがアウトドアメーカーが作った防水シューズ!

で、ジッパー部分を下げると、防水生地がしっかりついてて水が入ってきません。

ホーソンレイン ウォータープルーフ

ジッパーって不安だなと思う方でも、これなら安心かと。

で、ソール。

ホーソンレイン ウォータープルーフ

オーソライトの文字が書いてあります。
これ素材なんですが、スポーツシューズメーカーの有名どころが採用している素材です。
今ではホントに色んなシューズに採用されているで目にしたことがある人も少なくないかも。

この素材かなりイケてるやつで、

  1. 高い通気性でムレにくい
  2. 軽いのにヘタレにくい耐久性
  3. 防臭面がすごい。しかも洗える

というまさに悪天候にうってつけの素材。

外からの雨水を防ぎつつ、靴の中も快適になるという仕組みです。

1年近く使ってみて

雨の日はもちろん、台風や雪の日、キャンプ時、そしてちょっと怪しい雲行きの日などに使っていたので、想定していた以上にかなりの回数履いてました。
下手したら別になんでもない日でも履いてたし。
他の人よりも、履く回数多め、使用荒めにホーソンレイン ウォータープルーフを履いていると思うので、履き潰す勢いで使用してみてのレビューになります。

雨であることを感じさせない防水加工

大雨だろうが台風で豪雨に見舞われても、更には水溜りに浸かろうとも、全然水が靴の中に染み込んできません。

何度か履いていけば劣化して染み込んできてしまうかなー?と不安でもありましたが、全くそんなことはなく雨の日だということを忘れてしまいそうになるくらいに防水加工がしっかりしていました。

また、ミドルカットというのがこれまたちょうど良いんです。
ローカットだと、足と靴の隙間から水が入ってくる心配があるし、ハイカットだと雨から足を守れても若干歩きにくい。。
そういう意味で、レインシューズにおいては、ミドルカットにすることでハイカットとローカットのいいとこどりが出来るんだなーと。

結局この一年、レインスニーカーなのに足の中びちゃびちゃ!みたいなことには全くならず、超絶快適にホーソンレイン ウォータープルーフを履いて過ごすことが出来ました。

全然疲れなかった

雨の日に限ってまぁまぁな距離を歩かなきゃいけない、なんてことも多々ありました。

通常のレインシューズだと、シューズ自体かそれなりに重いものが多いのです。
普段から軽めのスニーカーを愛用してる身としては、重くて歩くの疲れるのは嫌だなーと不安材料のひとつに思ってたわけです。

ですが、ホーソンレイン ウォータープルーフは、他のレインシューズに比べて圧倒的に軽い!!
例えば、レインスニーカーの定番であるパンパパドルライトは25cmサイズでも片足310gであるのに対して、ホーソンレイン ウォータープルーフは245.5gと超軽量!

だいたい卵一個くらいの重さの違い。
卵一個と言われるとイメージが湧きにくいかもですが、55gって相当別物の重さに感じるんです。。
スマホの機種変更を最近行ったりした方なら、数十グラムの差の違いって明らかに重量感が違うと思います。
iphoneでいえば、普通のやつとplusの差がちょうどいい重さの違いかな。

ホーソンレイン ウォータープルーフとパンパパドルライトの両方を試し履きしたときもやはり全然違う印象でした。

雨が心配な旅行だったり、長時間履いてなきゃいけないときでも、普通のスニーカーと変わらない生活ができ、足にも負担がかかった印象がこれまでありません。

ムレ感は他のスニーカーより少しあるくらい

レインスニーカーなどのレインシューズのデメリットとなるムレ。
雨を凌ぐためにには、防水加工をしっかりしなくてはならないために、どうしても靴の中がムレやすくなるー。。。

色んなレインシューズを試し履きしてみましたが、比較的ムレそうにないと感じたパンパパドルライトも、履いた瞬間から靴の中に熱気がこもっていき蒸しているのがよくわかりました。

対してホーソンレイン ウォータープルーフは、最終的にはムレ感があるものの、履いた瞬間は快適だし、ムレ感が出てくるのもしばらく時間が経ってからでした。

サマーシューズに比べれば、さすがにムレてる感はありますが、それでも他のレインシューズに比べると断然マシ。

イメージ的には普段のスニーカーよりちょっと蒸れる程度。
バッシュとかより全然蒸れないです。

なので、夏場の雨天時にホーソンレイン ウォータープルーフを履いても気持ちよく1日を過ごすことができました。

通気性の良さは、履き心地にダイレクトに影響するので、そういった点も考慮されているのが良かったです。

脱ぎ履きが楽すぎる

実際にジッパー部分で靴を脱ぎ履きしてみると、これが本当に楽なんですよね。
靴紐を結び直す必要もないし、靴のベロを気にしながら履く必要もないし。

急いでいるときなんかでも、下手したら別のシューズを履くよりも素早く外に出れちゃうので、たまに晴れの予報でも使っちゃったり。

汚れにくすぎ!

外側のアッパー部分がほんと汚れないことにびっくり。
土埃も泥ハネもへっちゃら。

雨の日は土の地面が泥になりますが、行先によってはそんな泥の地面を歩かなくてはならないこともあります。

もちろん泥に浸かると泥だらけにはなりますが、レインスニーカーなので水でざっと表面を洗えばいいだけのはなし。

めんどくさがり屋の私にとってはありがたい機能。

雪の日にも使えて、しかも寒くなかった

これは意外な点。

若干ムレるとかきましたが、これは断熱もちゃんと出来てるってことです。

先日の大雪、雪用シューズなんて持っていないので、かわりにホーソンレイン ウォータープルーフを履いて出掛けていましたが、足先が冷える!なんてことは全くありませんでした。
むしろちょっと暖かい!

ミドルカットだから、雪が積もっている中を歩いても雪が足の中に侵入してくることもほぼありませんでした。

ソールもしっかりしているおかげなのか、ズルっと滑って転ぶなんてこともなかったので、スノーシューズの代用としても使えたのは嬉しかったです。

なお、秋の寒くなる時期で、足先が冷えるのが嫌だから晴れていてもホーソンレイン ウォータープルーフを履いて出かけた日も多々。

レインシューズであることがバレない!

上記で書いてますが、晴れていようがガンガン履いて出掛けていました。
パット見、普通のスニーカーにしか見えないデザインと生地のおかげですね。

雨の日に履いていくと、「そのスニーカーずぶ濡れで大変だね」とか言われるけど、レインスニーカーであることを言うとみんなびっくりするレベル。

もうレインスニーカーっていうか全天候型スニーカーです。

マジでヘタレない

雨の日はもちろん、台風や雪の日、キャンプ時、そしてちょっと怪しい雲行きの日などに使っていたので、想定していた以上にかなりの回数履いてました。
下手したら別になんでもない日でも履いてたし。

でも、インソール部分が全然ヘタレなくて1年近く経った今でも足裏にフィットしてきてくれます。
おかげで結構な距離歩こうが疲れない!

また、外側の防水加工部分も劣化が見られませんでした。

一番荒く使っているジッパー部分も、特に問題なく開閉がスムーズなままでした。

あと、撮影の日にも使ったことがあるんですが、撮影していると、しゃがむ動作が多くなるんです。
そうするとスニーカーのソール部分が横割れしちゃうことが多々あるんですが、それも今のところ全然問題なし。
ソール部分も耐久性がばっちりで、仕事でも使えるスニーカーのひとつになりました。

全体的に耐久性がしっかりしてるおかげで、安心してガシガシ使えるのはレインスニーカーにとって大きな利点だなと感じました。

もう一足欲しいレベル

そんなわけで、ホーソンレイン ウォータープルーフは、雨の日も、雪の日も、はたまた晴れの日でも使えちゃう超万能全天候型スニーカーという評価になりました。

あまりにも良すぎて、もう一足別のカラーが欲しくなるレベルです。

もしレインスニーカーを検討してる、またはそういったシューズを持っていないなんて方は、ホーソンレイン ウォータープルーフをまじでオススメ。

悪天候のときの憂鬱が一つなくなるだけでこんなに気持ちが違う!ってのを体感してほしいです。

コメント