アンスバタビーチを歩いてみた

ニューカレドニア

【追記 ニューカレドニア旅行記をまとめました】
ニューカレドニア旅行記として書いた記事をこちらにまとめました。
ニューカレドニアのツアーや観光などについても知りたい方は、こちらもどうぞ。

【行く方必見!旅行記まとめ】新婚旅行でニューカレドニアに行ったので記事リストを作ったよ
ニューカレドニアに新婚旅行に行った際の記事をまとめました。ヌメアをはじめ、メトル島での楽しみ方、イルデパンでの過ごし方などを、記載しています。ハネムーンで行く方はもちろんのこと、友達や家族とニューカレドニアへ旅行する際のお役立ち情報を記載しています。

 

ここから本編です

アンスバタビーチは、ヌメア市内の主要なホテルが立ち並ぶあたりに位置します。
そのため、空いた時間はもちろん、早く目が覚めてしまったときに朝の散歩ができるくらいの、ふらっと観光ができるスポットです。

 

アンスバタビーチに沿う道路はメインの道路です。
夜はそうでもないですが、昼間はなかなかの交通量です。
信号がない分、歩行者がいない時はなかなかのスピードで車が駆け抜けていくため、横断する際は十分に気をつけて渡りましょう。

 

そんな道路では、機関車の形をしたバスも走ってます。かわいい!
_dsc5209

 

ガードレール(にしては低いのですが)に赤い紐。交通事故で亡くなった方を弔う方法のようです。
_dsc5230

 

ビーチを歩いていると、アンスバタビーチの地図看板もあります。地図上では広いように見えますが、意外に歩ける距離感でした。
_dsc5246

 

ビーチは広く、海での水泳練習をしているグループや、
_dsc5226

 

海を眺めながら談笑する人、
_dsc5239

 

休憩する人など、過ごし方は様々です。
_dsc5244

 

泳いでいる人もいたりしましたが、奥では日本人カップルのフォトウェディングをしていたりも。
_dsc5256
毎度のように撮影が行われているのか、現地の人は群がることはせず。
遠くから私を含め観光客が撮影模様を撮って、和やかな気分になっていました。
フォトウェディングを考えている方は、人目が気にならないようになっていたので、気持ちよく撮影できるのではと思います。

 

もう少し歩くと記念碑のようなものが。
_dsc5268

 

ここの崖からはより広くアンスバタビーチを眺めることができます。
_dsc5270

 

私たち二人の声もちょこっと入ってしまっていますが、歩くとこんな感じ、というのがわかれば。。と思い、osmo mobileで動画も撮影しました。


この日は晴れ、ちょっとだけ風が強かったですが、逆にそれが気持ちよかったです。
動画を撮っていると現地の人に手を振られたり。楽しいです。

 

海辺まで行くとこんな感じです。静か。

 

散歩の最中は道行く人に”Bonjour!”と挨拶を交わしてもらい、知らない人と接するのがちょっと楽しくなったり。
穏やかな時間を過ごすことができました。

 

泳いだりするのももちろん楽しいアンスバタビーチですが、ちょっとした時間を使ってふらっと散歩をするにもとても良いスポットです。

 

買い物ができる場所も近くにあり、ベンチも多いので、海を間近で眺めながらジュースを飲みつつ、次の目的地をどこにするか決めるというのも楽しい時間になるなーと思いました。

今回使用した旅行会社

ちなみに今回のニューカレドニアでの新婚旅行に行く際に、JTBを利用しました。
ハネムーンプランはどうしたところで高額な買い物になります。
大手のJTBにすることで、金銭的トラブルという点においては安心できるかなと思います。

また、旅行先にはルックJTBの現地日本語係員がいたおかげで、旅行中の些細な問題も解消できました(特にイル・デ・パン!!係員の方がいなかったら今頃どうなってたことやら。。。)。
海外旅行は、料金を抑えることを考えるよりも安心・安全を考えるべきだと思います。
そういう意味では、ニューカレドニアにいくならJTBがホントオススメです。



コメント