ニューカレドニアの歴史に触れるなら絶対にオススメな「ニューカレドニア博物館」

ニューカレドニア

【追記 ニューカレドニア旅行記をまとめました】
ニューカレドニア旅行記として書いた記事をこちらにまとめました。
ニューカレドニアのツアーや観光などについても知りたい方は、こちらもどうぞ。

【行く方必見!旅行記まとめ】新婚旅行でニューカレドニアに行ったので記事リストを作ったよ
ニューカレドニアに新婚旅行に行った際の記事をまとめました。ヌメアをはじめ、メトル島での楽しみ方、イルデパンでの過ごし方などを、記載しています。ハネムーンで行く方はもちろんのこと、友達や家族とニューカレドニアへ旅行する際のお役立ち情報を記載しています。

 

ここから本編です

プチフォトメモリーでヌメアの博物館に少し滞在できました。
中も撮らせていただいたので、ご紹介。

ニューカレドニアのヌメアにある、博物館は、200CFPで入場できます。
安い!

 

中に入るとニューカレドニアの地図が。
こうやって色分けされているとわかりやすいです。

 

民族的なものを中心に置かれており、歴史を感じることが出来ます。

 

昔はどんなところに住んでいたかも。

 

茅葺屋根みたいな作りだったんですね。

 

いろんな道具が並んでいるのですが、ものによっては日本語で注役も書かれているので、とても親切。ちゃんと理解した上で歴史を知ることができるのは嬉しいです。

 

男女の性器をモチーフにしたものってどの国にもやっぱりあるんですね。

 

この他にも沢山のものが並べられており、ちゃんと見るには最低でも1時間位は必要なんじゃないかな、と思うくらいに非常に充実の内容でした。
ニューカレドニアが今に至るまでの歴史的背景や、伝統文化、今でも受け継がれているものなどをこの博物館の中で一挙に見ることができ、とても興味深い場所でした。

正直、ニューカレドニアの旅行で歴史に触れることができる瞬間は非常に少ないと思います。そのため、ニューカレドニア博物館に行くというのはニューカレドニアを楽しみ尽くす上で重要な気がしました。

時間の関係で30分程度しか見れなかったのが非常に残念ですが、時間に余裕のある方は、こういったものにも触れることで、よりニューカレドニアを楽しむことができるのではないでしょうか。

入場料も非常に安く、立地も良いので、マルシェやココティエ広場などに行った帰りに立ち寄るのがベストかもしれません。

今回使用した旅行会社

ちなみに今回のニューカレドニアでの新婚旅行に行く際に、JTBを利用しました。
ハネムーンプランはどうしたところで高額な買い物になります。
大手のJTBにすることで、金銭的トラブルという点においては安心できるかなと思います。

また、旅行先にはルックJTBの現地日本語係員がいたおかげで、旅行中の些細な問題も解消できました(特にイル・デ・パン!!係員の方がいなかったら今頃どうなってたことやら。。。)。
海外旅行は、料金を抑えることを考えるよりも安心・安全を考えるべきだと思います。
そういう意味では、ニューカレドニアにいくならJTBがホントオススメです。



コメント