めんどくさかったけど結婚式場の成約者限定フェアに行った結果、得したしすごく楽しかった話

結婚式準備の話。今回は挙式披露宴の場所を決めた後の成約者向けブライダルフェアについてです。

式場決めたのにまたブライダルフェアあるの?やったー!!と思う方もいればめんどくせー!!!ってなる方もいると思います。ちなみに私は後者でした。
実際、成約者向けのブライダルフェアは必須ではないので、忙しい方や面倒だと思う方は、無理していく必要はないです。

……と、言いたいところですが、出来ることなら是非参加すべきだと、実際行ってみて思いました。

成約者限定フェアは式の内容を具体化するフェア

制約前のフェアと異なるのは、全てにおいて具体的になっていることです。
例えば、ウェディングケーキの種類や費用を知れたり、フルコースの試食会があったり。。
それぞれのブースが挙式本番に向けた内容になっています。

成約者向けブライダルフェアに行くメリット

それぞれの専門家に自分のタイミングで相談ができる

成約前のフェアでは主にプランナーさん一人が案内などしてくれています。なので、具体的な内容は成約前には時間的にも専門的にも聞けない場合が多いです。
また、打合せの際は、指定されたスケジュールでしか専門の方に会えない場合も。音響さんだったりカメラマンだったりはそれが顕著かもしれません。
成約者向けフェアでは、自分が見たいときにそのブースへ行って相談ができるので、効率としても良いかなと思います。

決めなきゃいけないことがわかる

結構盲点だと思いますが、口頭で言われても何を決めていかなきゃいけないかってあんまりわからないんですよね。式場を決めたばかりだと、「わからないことがわからない」状態なので。。
成約者向けフェアに行くと色々なブースがあるのですが、それを見ることで「これはやらなきゃ」「これはやらなくていい」など、取捨選択ができるようになるかと思います。

同じ目的意識をもった人しか参加しないので良い刺激がもらえる

同じ会場で挙式予定の方しかいないので、それを見てるだけでも良い刺激になります。私の場合、模擬披露宴でたまたま隣になった方と料理についての情報交換もできたりして、自分達だけじゃ知り得なかったことも確認できました。おかげで有意義な時間になりました。

参加者限定特典がある

フェア中に申込をすると、割引されたりプレゼントをもらえたりと、様々な特典があります。
わかりやすいもので言えば、

  • 引菓子→引菓子の試食サンプル
  • カタログギフト→自分達用に注文可能なカタログを一冊プレゼント
  • ムービー→割引

などです。
また、基本的には検討した結果キャンセルしたいと思ったら、式の1ヶ月から数ヶ月前までならできるものが殆どなので、安心して申込していいと思います。

何があるの?

私が行ったときはこんなのがありました。
もしかしたら書き忘れているものもあるかもしれませんがご了承ください。

引き出物/プチギフトコーナー

カタログギフトだけでなく、皿やタオルなどの現物を実際に見れるコーナーです。
今旬のアイテムがひと目でわかるので参考になります。
また、カタログギフトも様々な種類があるのでその場で中身の比較検討もできるところがポイント。

引菓子コーナー

式場によっては引き出物とは別のところにあったりします。引き菓子は試食が出来たり、申し込めばサンプル品をもらえるので検討し易いかと思います。

装花コーナー

ブーケを代表に、実際の装花を見れます。提携先が一社のみだったりするので割引などがあることが比較的少ないですが、その分どんなデザインを作ってくれるかがわかりやすいです。色の相談もできました。

ペーパーアイテムコーナー

よくある三つ折りのものはもちろん、キャラクター系や形の珍しいものなどが置いてありました。私達はこの辺りを自作するつもりだったので詳細は見ていないのですが、業者が入るものであれば割引などがあるかもしれません。

演出関係コーナー

オープニングやエンドロールなどを含めたムービーや、お色直し後の各卓への演出などがありました。ルミファンタジア(アクアイリュージョン)は生で見るとすごく綺麗で素敵な光の演出だなとおもいつつ、この日は見るだけにしたので特典があるかはちょっとわからないです。。
ムービーについては、特定の商品を申し込むことで割引やオープニングムービー無料制作などが付いたりしてました。

写真コーナー

写真室の今までのポートフォリオが見られます。
写真室側で許可取りをしている場合は、実際に式を挙げられた方のアルバムも見れるので、写真室のレベルなども把握できます。
参加者限定特典として、フェア当日の無料撮影会があり、その写真をその日に貰えたりしました。
また、アルバムや集合写真をフェア中に注文することでミニアルバムのプレゼントや集合写真枚数の無料追加などを受けられます。

着物コーナー

両親が着る衣装が見られます。私達は当日申し込みしなかったので特典があるかは不明です。

ドレスコーナー

新郎新婦の衣装コーナー。基本的には衣装室には1社しか業者が入っていないため、特典があることは少ないようです。
ただ、当日は試着などもできたようで、多くの方が試着や相談をしていたようです。

メイクルーム

ヘアメイクの相談ができます。また、和装用のカツラを付けることも。ウェディングドレスを着る予定の方もせっかくなので被るのもいいと思います。

指輪コーナー

結婚指輪のサンプルがあります。いろいろなデザインがあるので参考になりました。
申込みで割引特典がありました。

旅行コーナー

挙式後の新婚旅行コーナー。ハネムーナー用のプランを見れたりオリジナルツアーを組める会社もあって興味深かったです。
こちらも申込みで割引あり。

モデルルーム

各披露宴会場のモデルルームを見ることができます。会場がどんな感じで飾られるのかをイメージできます。和洋色々なものが見れたり、なかなかイメージしにくかったクロスのコーディネートなどが見れました。これはすごく良かった!

料理/ケーキコーナー

それぞれの料理やケーキの実物を間近で見られます。その場で試食できる場合もあれば、説明だけ受ける場合も。私達はケーキの試食はさせていただきました。
それぞれの料理を作ったシェフがいるので、アレルギーなどの相談も気軽にできました。

模擬挙式

予約が必要な場合があります。
その名の通り、モデルさんを使った模擬挙式をゲストの目線で見ることができます。
挙式当日、ゲストには自分たちがどう映るのかや、ゲスト側だからこそ見えてくる挙式の環境を確認することができます。
挙式会場が複数あるところは、時間帯も被らないよう設定されていることが多いので、自分たちが予約した会場以外での模擬挙式も見れます。

模擬披露宴/フルコース試食会

こちらも予約な必要な場合があります。
個人的にはフェアに行くなら絶対に見ておくべきだなと思う、推しイベントです。
模擬挙式と同様にゲスト側で披露宴を体験できます。
披露宴会場の雰囲気やスタッフの動き、上記で挙げたコーディネート関係や演出などをトータルで間近で見れるので、やりたい結婚式のイメージがより具体的になると思います。
また、フルコースの試食もこの時にできます。二人で行くなら、それぞれ別内容のコースを注文して味比べもできるので、料理をどれにするか迷ってる場合は是非参加するべきだと思います。

朝から行くべき?

朝イチで行く必要はありませんが、出来れば早めの時間に会場に行ったほうが良いなと思いました。
一つ一つのブースをゆっくり見ることができるし、せっかくだから全部回ろうとすると、かなり時間がかかるので。
私たちは休憩を挟みつつ見て回ったのですが、5時間くらいはフェアにいたと思います。でも二人とも飽きずに楽しく回れました。

成約者向けフェアはテーマパークだと思っていくと面白い!

もともとフェアに行くのはめんどくさいと思ってた私ですが、ブライダルフェアに行くことも一生のうちで今しかないしってことで、遊びに行く感覚で足を運びました。
行ってみると堅苦しいものでもなかったし、見るのが初めてで興味深いものが沢山あったので、飽きずに過ごせました。
なんというか、単純に面白かったんですよね。商品などが陳列されたコーナーは作品展示会みたいだったし、模擬披露宴は新郎新婦が知り合いじゃないからこそショーみたいな感覚で見れたり。
特典があることは嬉しいし費用面で考えてもすごく大事なんですが、結婚式の準備って楽しいな!と思わせる要素の一つになるんだなーと思いました。

というわけで、面倒くささも吹き飛ぶ楽しい思い出しかない成約者限定のブライダルフェア。気張らずに参加できるので行ってみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました