プライベート感漂うビーチとシーフードBBQがたまらない!モロ島ツアー!

ニューカレドニア

【追記 ニューカレドニア旅行記をまとめました】
ニューカレドニア旅行記として書いた記事をこちらにまとめました。
ニューカレドニアのツアーや観光などについても知りたい方は、こちらもどうぞ。

【行く方必見!旅行記まとめ】新婚旅行でニューカレドニアに行ったので記事リストを作ったよ
ニューカレドニアに新婚旅行に行った際の記事をまとめました。ヌメアをはじめ、メトル島での楽しみ方、イルデパンでの過ごし方などを、記載しています。ハネムーンで行く方はもちろんのこと、友達や家族とニューカレドニアへ旅行する際のお役立ち情報を記載しています。

 

ここから本編です

ニューカレドニアはイル・デ・パンのオプショナルツアー、無人島ツアーに行ってきました。
このツアーは、ノンカウイ島を経由してモロ島に行くツアーです。

モロ島は、ホテル・クブニーを出て直ぐのクトビーチから出る船でしか、上陸できない場所です。
他のホテルに宿泊している場合は、ホテルのバスで送迎してもらえます。

クトビーチに到着すると、ボートが止まっています。
こちらに乗って移動します。

今回は私達も含め2組での移動となりましたが、ピーク時は4組以上になることもあるようです。

 

この日は休日だったため、スタッフのお子さんも船に乗ってお手伝いをしていました。

 

モロ島が見えてきました。

 

到着すると、人の声が全く聞こえない、まさに無人島。
とは言っても、日頃人が立ち入って整備もされているので、荒れ地というわけでもありません。

 

島内をちょっと探検。
薪割りをするための斧がありました。

 

後で焚き火をしていました。

 

これはなんだろう、ウキですかね。

わざわざここにかけているってことは、遊具とかにしているのでしょうか。

 

ここでスタッフがBBQの調理をしてくれます。

 

島内の探検もほどほどに、モロ島でシュノーケリングをしました。

 

ニューカレドニアにはどこにでもいるウツボ?ナマコ?さん。

いつも底で寝そべっているイメージしかありません。ご飯とかどうしているんだろう。

 

少し沖側へ泳いで移動すると、奥まで広がるサンゴが見えてきます。そして魚もこのあたりに沢山います。

 

しましま。スズメダイかと思われます。小さくて可愛いです。

 

こちらはエメラルドグリーンの色をした魚が群れをなしていました。

非常に鮮やかで美しいです。

モロ島は底まで潜らなくても、いたるところにサンゴがあるので、すぐに魚と出会えてとても楽しいです。

 

大体こんな感じで隠れていたり。ひよこみたい。

 

しばらく泳いだところで、お昼。

シーフードBBQをいただくことに。

出てきたのは、ロブスターの丸焼き!一人一尾いただきます。

かなり大振りです。
がっちりした男性の前腕くらいありました。

これだけで少なく見積もっても300g近くはあったんじゃないかと。
ちなみに、メリディアンイルデパンにて、ロブスターの料金が記載されていたので見てみたところ100gあたり1500CFPとかいてありました。なかなかのお値段……!!!
ロブスターはイル・デ・パンでも名物の一つであるので、こんな大きいロブスターを食べられたのは非常に嬉しかったです!

 

野菜は大根などを千切りにしたサラダ。

こちらもかなりのボリュームがありました。
味も非常に美味しくいただきました。

 

そして、大きいお魚!!これは2組で1つ。
ロブスターがかなり大きいので、これで十分。

こいつも大きくて、びっくりしました。
このとき、まさかの醤油もだされてよりびっくり。ぷりぷりしてておいしかったー!

ちなみにこの時写真を撮っていませんでしたが、ジャスミンライスもどっさりありました。

 

あと、念のため書いておきますが、これらの料理には、小さい虫がたかって飛んできます。生理的に無理な方はもしかしたら嫌かもしれませんが、こればっかりは場所が場所だけに仕方ないんですよ、島の中に入ったら森みたいなもんなので。なので、そのへんは諦めてしっかり食べましょう。お腹すくし。

私は郷に倣えって感じで気にせず食べてました。美味しいんだもの。あと口に入れようとすると虫逃げるしね。

 

ですが、あまりにも量が多く、さすがに全部は食べれずだったので、ちょっと負い目を感じました。

これらは後々粉々にされて、海に巻かれていました。

え、そんなことしていいの???って思っていたのですが、これらは魚の餌になるようで、巻かれた場所に群がっていました。

 

そして、カニも食事をしにきていました。

カニがロブスター(の殻)を食べているのはなかなか見ごたえがありました。

 

海に入って楽しむと同時に、ここまで連れてきてくれたスタッフとも色々とお話をしてもらい、仲良くなりました。
明日は雨だから来れてラッキーだね、とか、モロ島にはカメレオンもいると教えてもらったりとか(今回は見れませんでしたが)。

また、モロ島にもウミヘビがいたのですが、

 

ひょいっと持ち上げて、「君も持ってみな、噛まないから」

と渡してくれたりも。
ドキドキでしたが、持たせてもらったら、非常に静かでびっくりしました。

 

スタッフのお子さんともちょっと遊んだりも。

なかなか現地の人としっかり絡むことも旅行中は少ないので、非常に良い刺激になりました。

 

しっかりと遊び尽くし充実感たっぷりでクトビーチへと戻ります。

海側から見るクトビーチもリゾート感良いですね。

 

以上、モロ島でした。
モロ島は、プライベートビーチ感がすごくて、非常にゆったりとリラックスした上で沢山遊べる非常に良い島でした。

シーフードBBQも非常に美味しくて、なんでもっと胃が大きくないのだろうと思ったくらいです。

モロ島、是非おすすめしたい離島です。

今回使用した旅行会社

ちなみに今回のニューカレドニアでの新婚旅行に行く際に、JTBを利用しました。
ハネムーンプランはどうしたところで高額な買い物になります。
大手のJTBにすることで、金銭的トラブルという点においては安心できるかなと思います。

また、旅行先にはルックJTBの現地日本語係員がいたおかげで、旅行中の些細な問題も解消できました(特にイル・デ・パン!!係員の方がいなかったら今頃どうなってたことやら。。。)。
海外旅行は、料金を抑えることを考えるよりも安心・安全を考えるべきだと思います。
そういう意味では、ニューカレドニアにいくならJTBがホントオススメです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました