加納梨衣「スローモーションをもう一度」第二巻もムズキュンで悶えた

レビュー

先日加納梨衣さんのマンガ「スローモーションをもう一度」について書きました。

加納梨衣の「スローモーションをもう一度」が最高にムズキュンで心奪われた
<2017年2月1日追記> 二巻も買いました!さらっとレビュー。 唐突ですが皆さんはムズキュンしていますでしょうか。 私といえば、TBSのドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」が終わってしまってからというもの、ある種燃え尽き...

で、昨日2017年1月30日に新刊の第二巻が発売されました。
本日仕事の休憩がてら買ってきました!!ここ最近の個人的ヒットなマンガです。

うおおお、薬師丸ちゃん!今回の表紙もかわいい!
今回はタイトルがピンク!かわいらしい!

 

1巻と並べてみると、なんだか薬師丸ちゃんがほんの少しだけ垢抜けたような印象に見えます。

アイドルのCDジャケットとかも出す度に少しずつ芋っぽさみたいなのがなくなっていきますよね。なんとなくそれにも通じるような雰囲気の表紙カバーです。

 

裏のイラストも少し距離感が近くなってるー!

少しずつ距離の近づく二人

現代の高校生である運動神経抜群でリア充な大滝くんと地味でクラスに馴染めてない薬師丸ちゃん。
スクールカースト的には全然異なる二人が、共通の趣味である「八十年代の流行」で一気に仲良くなり、要所要所でお互いのことを気にし始める辺りで1巻は終わりました。

2巻はそんな二人の関係性が更に近づきます。
でもそこには障壁が。

2巻の感想

今回もストーリーはムズキュンな純愛、そして散りばめられている80’sが見ていて楽しかったです。
河合奈保子のポスターに張り替えている大滝くんの単純さというか、なかなかに男子高校生らしい。笑
てか八十年代のアイドルポスターがキレイに残ってるとはすごいなーと感心。結構値が張りそうな気もするけど、頑張ってバイトしてためてるんだろうなーと。
実際バイトしてるシーンも描かれていましたしね。
大滝くんのお母さんと薬師丸ちゃんがスチュワーデス物語の話で盛り上がっているところとかも微笑ましい。自分の母親と異性の友達があんなに仲良くできるっていいですね!自分が高校生の頃はなかなか恥ずかしくて、ちゃんと会わせることですらできなかったなー、と昔をちょっと思い出しました。

そういや、中盤で出てくるVHSも下手したら何それ?知らないんだけど!って方も増えてるのかもなー。

後半は薬師丸ちゃんの家族について描かれていましたが、ちょっと影のある感じになってました。薬師丸ちゃんには辛い思いをしてもらいたくないのに!今後暗い話にならなければいいなぁ。。

そして最後の一コマ、お前誰だよ!

今回のイチオシ

もうね、これでしょ。薬師丸ちゃんの寝顔。

ここからの大滝くんの心情が完全に男子高校生、いや、男子あるある過ぎて笑いました。
他のシーンでも、薬師丸ちゃんの表情は素直さがすごく出ていてとても好きです。
大滝くん羨ましいぜ!

そんなわけで、既に次のコミックスが出るのが非常に楽しみな展開になってきました。色々と動き始めそうな雰囲気なので、3巻からは物語が加速していきそうですね。

最後に薬師丸ちゃんが可愛すぎる件について妻に熱く話していたら、お昼ごはんのおにぎりに、お絵描きしてくれました。

これでお昼も頑張れそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました