竜田揚げとパンの相性に驚く!斑鳩の「あいておもい」

日常

昨日は撮影で、奈良県に出張してました。
よく考えたら、関西は個人的によく行ってましたが、奈良県に行くことはあまり無く、高校時代の修学旅行ぶりです。
仕事で関西に行くのは初めてのことなので非常にテンションが上がりました。

とはいえ、やはり仕事メインなので、奈良を堪能できる時間は、ほぼなかったのですが。。

さて、今回の撮影現場は、奈良県の斑鳩(いかるが)でした。
斑鳩といえば、有名な法隆寺がある場所です。
ということで、法隆寺駅でせんとくんがお出迎えしてくれました。

 

平日に来ると、降りる方も少ないので、観光の際も独り占めできそうな雰囲気。

 

日中から撮影し、キリのいいところで昼食休憩に。
クライアントさんと一緒に「あいておもい」というお店に来ました。
瓦屋根の多い法隆寺近辺の街並みにしっくりとくる外観。
聞けば、ここは古民家を改修して作られたカフェとのことで、風情を感じることができます。

 

 

店に入ると座敷に案内されました。
平日の午後2時前ということもあり、お客さんは私達以外に数名。
地元のママさんグループや年配の旅行客が寛いでいました。
法隆寺駅から法隆寺へ行くまでの道は大きい道路もあることからチェーン店も多く見られますが、法隆寺から徒歩圏内のあたりはカフェや飲食店も多くはないようで、観光客の多い土日や大型連休などの観光シーズンは大盛況のようです。

※人が帰ってから撮影してみました。

 

 

内観も古民家の雰囲気を残してリノベーションされているので、落ち着きます。

 

あいておもいは午後二時までランチメニューがありました。
法隆寺のある地域は、斑鳩(いかるが)と呼ばれていますが、斑鳩は竜田揚げが名物。

竜田揚げは、醤油やみりん、生姜などに漬け込み臭、片栗粉にまぶして揚げた唐揚げのことであるのは一般的にも知れ渡っていますが、なぜ竜田揚げと呼ばれているのかを認知している方は少なくありません。
実は、斑鳩を流れる紅葉の名所、竜田川が由来になっています。
揚げた時に醤油の色で赤くなり、ところどころにまぶした片栗粉が白く浮かぶ様子が紅葉が流れる竜田川に見立てられたところから、この「竜田揚げ」の語源となっています。
斑鳩は昨今町おこしの1つとして竜田揚げのPRをしています。

「竜田揚げ」の由来は竜田川って知ってた?|いかるがキャンパス PROJECT
平成25年度に斑鳩商工会が「いかるがキャンパスPROJECT」を始動開始、竜田揚げ上げ↑プロジェクトを発足しました。

今回お邪魔したカフェ「あいておもい」もこのプロジェクトに賛同しているようで、ランチメニューに竜田揚げがありました。

 

お子様メニューや竜田揚げバーガーなどもあって、軽食にも良さそう。

 

ちなみにモーニングもあります。

ランチは、もう一つの「あいておもいランチ」も興味をそそりましたが、クライアントさんいわく、「ここの竜田揚げがすごく美味しい」と太鼓判を押していたので竜田揚げランチにすることにしました。

「あいておもい」では、店頭で数種類の自家製のパンも販売しています。
そのため、ランチの定食はライスとパンのどちらかを選ぶことができます。

竜田揚げにパンは合うのか?
正直疑問には思いつつも、せっかくなのでパンを選び待つこと数分。
竜田揚げランチが運ばれてきました。

竜田揚げランチ

 

「あいておもい」の竜田揚げは、鶏肉でした。竜田揚げの由来通り、醤油がよく浸かった部分は赤みを帯びつつ、片白く浮き出た片栗粉が点在しています。
家で作ると片栗粉の付けすぎでもう少し真っ白くなってしまったり、揚げすぎて全体的に茶色っぽくなっているイメージですが、ここの竜田揚げはとても上品な色合いをしています。

何もつけずに食べてみます。
が、ここで注意が必要です。一口大サイズで食べやすい大きさなので、ついつい頬張ってしまいそうですが、中の熱々肉汁が飛び出てきます。
猫舌の方はやけどに気をつけましょう!

食感は外はカリッとして、中はフワフワといっても過言ではないほどに、ふんわり柔らか。
醤油の味と香りがしっかりと染みているのですが、かといって味は濃すぎずちょうどいい塩梅。

 

一緒に出されたタルタルソースも浸けても、竜田揚げの香りと味が一層際立っておいしい!

 

パンは通常だと二種類をだしていただけるようですが、今回はお腹が非常に空いていたのでパンを多めにもらいました。
塩パンやくるみパン、チーズパンにレモンピールが入ったパンなどが載っていました。
パン屋としても営業しているだけあって、種類が豊富!

さてこのパン、少しトーストして提供してくれるのですが、非常に美味しかった!!
全部美味しかったのですが、中でも塩パンは絶品!
もうね、フワッフワどころじゃないんですよ!ふかふかなの!それでいてもっちり!
絶妙な塩加減のなかにほんのり甘みがあり、口に入れるたびに幸せ。

正直パンと竜田揚げの組み合わせってどうなのかなーっても思っていたのですが、これがまた相性抜群です。
竜田揚げにはライスしかないでしょ!と思っていましたが、その固定概念を覆されました。
そのくらい驚いたし美味しかったです。

古民家の雰囲気と食事に癒され、大満足のランチでした。
腹持ちも良くて午後の撮影も捗りました。

また奈良に来たら立ち寄りたい、そんなお店でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました