OSMO mobileを一ヶ月間使ってみて買ってよかったと思った話

レビュー

気づけばOSMO mobileを購入して一ヶ月経ってました。
しばらく使ってみた感想を書いてみようかと思います。

買って良かったこと

小さめのバッグにも収納できる

やはり手軽さがウリなOSMO mobileですが、持ち運びが大変だとだんだんとバッグに入れなくなって、結果的に使わなくなるわけですよ。
これはボディーバッグとかならちょうどよく入るサイズなので、苦なく持ち運びがしやすいです。

撮影ボタンがあるってすごい楽

三軸ジンバルに撮影ボタンが付いているのって、思ってた以上に良いです。
DJI GOアプリを使えば写真と動画の切替とかしなくてもボタン1つでできるので、すぐ撮れるってのがストレスフリーです。
スマホのボタンで撮影すると押した力でブレてしまうこともありますが、それがなくなるというのは大きいなと思いました。

他のカメラアプリでも一応撮れる

上記に書いたジンバルについている撮影ボタンは、専用アプリじゃないと使えなません。
しかし、スタビライザー機能などは電源さえ入れれば使えるので、他のアプリでもヌルヌルうごく動画が撮れます。
今まで買ったアプリなど、財産を活かせるのは非常に嬉しいなと思いました。

やろうと思えばアクションカメラも取付けられる

ジンバルのアップデートがされてから、スマホが取り付けられてるかどうかの認識が任意でON-OFFできるようになりました。
重量さえ気にしておけばアクションカメラも強引に取り付けて撮影できます。
これも結構嬉しいところです。
どのくらい重いものが載せられるかはなんとも言えないですが、200gまでなら問題無し。
取り付け時だけ、うまく挟まないといけないですがね。

ここがいまいち

ちょっと重い

OSMO mobileだけで500gくらい。スマホは150gくらいが平均かと。
なので、ずっと持ってるとさすがに疲れるかと思います。
まぁ、手持ちで撮影しているのなんて、長くて数分だけだったりするので、正直あまり気にならないのですが。
ちなみにバッグに入れているときは全く気になりません。

スマホのスペックに左右される

これは仕方ないことですが、スマホのスペックにいろいろと左右されます。
例えば、4K撮影がしたくてもスマホのスペック的に4Kが撮れない機種であれば、4K撮影はできません。
また、古いスマホだったり他のアプリもバックグラウンドで沢山開いているとカクカクします。
ただ、保存された動画はカクカクしないので、撮影後のデータしか気にしない方なら問題ないかと。

買ってから出かけるのが楽しくなりました

デメリットもいくつかありますが、そんなことが正直気にならないくらいに楽しい機材です。
これを買ってからちょっとしたお出かけも楽しくなって、気が向いたときにOSMO mobileを出しては撮影してしまうくらい。
この前旅行に行ったので、テストでいろいろと撮影をしてみましたが、面白いです。

この時は、OSMOの延長ロッドをつけて撮影しました。
途中で自分の目の高さにしたりといろいろやってるので、ちょっと見にくいかもしれませんが、少しでも参考になれば。。。

個人的には買ってよかったと思いました。
比較的手に入れやすい価格ではあるので、気楽に撮影してみたい方には非常にオススメです。

コメント