サガスカの公式攻略ガイド「緋の天啓」レビュー。世界観を知るためのマストアイテム

サガスカーレットグレイス

<2017年2月6日追記 一部わかりにくい文章があったので修正しました>

以前こんな記事を書きましたが、

サガ スカーレット グレイスの攻略ガイド「緋の天啓」が発売決定!解体新書となるか?!
予約していた緋の天啓が届いたのでレビューしました! サガ スカーレット グレイスをやり始めて、プレイ時間が24時間を超えました。 一度ラストバトルまで行ったものの、気持ち良いくらいに全滅させられ、現在技レベルなど...

ようやく、サガ スカーレット グレイスの公式設定資料+攻略ガイドである「緋の天啓」が1月26日に発売されました。
通販で購入したのですが、無事当日に届きました。

通販で予約商品を購入するとき、特に本はちょっと遅れる可能性があるので、ドキドキしていましたが当日に届くとかなりうれしいですね。

内容のネタバレになりすぎないようにしつつレビューしていきます。

どんな人におすすめできるか

まず、ざっと見た感じ、こんな人におすすめできそうです。

初心者

初心者が挫けそうなバトルについて、システムの解説や助言が書かれていました。
以前私も序盤での攻略ガイドを書きました。

サガスカーレットグレイスを挫折しないで進めるためのざっくり序盤攻略ガイド
前回に書いた、サガスカーレットグレイスの記事。 買って正解!って書いたし、初心者でもやりやすいよ!と書いたのですが、やっていくうちに、「あ、これ挫折する人でるんじゃないか?」と思い始めました。 普通のRPGと思って買った人に...

この記事とはまた違った視点でも書かれている部分があり、数周している自分にとってもためになる内容でした。
これを買うことで、初めてサガシリーズを買った!という方や、サガスカのシステム難しい!と悩んでいる方も、かなりサガスカを楽しみやすくなると思います。

データ好き(やりこみ派も含む)

とにかくデータが多いです。
当たり前ですが攻略wikiよりも詳しい!
もしかしたらこれから更新されてしまうかもですが、そうは言っても紙だからこそデータの閲覧がしやすく、制限プレイなどをこれからしようと思っている方にとっても手元に置いて損はない内容です。

設定好き

設定資料も膨大です。そんな設定ゲーム中は見かけなかったよ?という裏設定もかなり載っていて、これを持っているか持っていないかでサガスカを語れる範囲が全然違うと思います。
イラストも多く見ていて楽しい。文字数も沢山なので、読んでももちろん楽しい。

設定資料編

好きな人にはたまらない設定の部分が詰まっています。
サガスカの世界観がかなりわかりやすく書かれていて読み物としても楽しめる内容です。




世界観の設定

サガスカの世界では12の星神にまつわる神話が語り継がれています。

ゲームのストーリー上、そこまで詳細な話はなかったために、12星神の神話がどんな内容化を知る術がありませんでした。
そのため、こういった神話があると、なぜ星神を信仰しているのかがわかり、サガスカをする際により深くストーリーを楽しめそうです。

登場人物の紹介

主人公4人を含めたストーリーに登場する人物たちの紹介。
小林さんのイラストと、それぞれの人物たちの背景が書かれています。

 

個人的にはタリアの旅に出るに至るまでのバックボーンがなかなかに面白かったです。
劇中でなんであそこまで陶芸の歪みに拘っていたのかわかりました。
それよりも衝撃の事実が書かれてあってマジすか…と思ったりもしたけど。

他の設定画など

各主人公のあらすじや、ファイアブリンガーをはじめとした敵の設定画が豊富でした。

 

正直これだけでも見ごたえがあります。
あとはキャラクターモデルの変遷がかなり興味深かった。決定するまでにかなり調整したんだと感じたのと、現行のモデルになって良かったなーと。

攻略ガイド編

どちらかというと、こちらのほうが気になるという方が多いのではないでしょうか。
私自身も楽しみにしていたのですが、かなり有用でした。




仲間になるキャラクター一覧

今回は主人公ごとに仲間になったりならなかったりなキャラクターが多いのですが、それがざっと一覧になっているのがすごく助かります。

攻略wikiにも載ってはいるし、ささっと見るぶんにはいいんだけど、やはりキャラクターの顔と名前が一致しなかったりするし、本の方が見やすいです。

仲間になる条件はシナリオの方に書いてあるので、そのへんは見づらいかもしれませんが、シナリオ追っていけばいいだけなので、あまり気になりませんでした。

武具や技、陣形などの一覧データ

すごく嬉しいデータです。
武具についてはどこの鍛治に行けば強い武器や防具を鍛錬できるのかがひと目でわかるようになってました。

 

技についてもどの技で新しいものが閃きやすいかも書いてあります。
特に術に関しては、五行のレベルも影響してることがわかり、フラックスを大量に流し込んでもなかなか閃かないのはそういう理由があるのか!と納得しました。

中でも嬉しかったのは、陣形。
ちゃんと今回も陣形組んだ際の位置で攻撃や防御のボーナスがあることを知れました。

 

ちょっと楽しみにしていた何度も再挑戦した際の連撃威力については記載が無くてちょっと残念。検証した結果と同等かどうか見てみたかったので。ちなみに再挑戦による連撃の威力上昇率が変わるかどうかという記事を先日書いてますので、その辺も気になる方が入れば是非こちらをどうぞ。

【サガスカ】何度も再挑戦すると連撃の威力はあがるのか?【ざっくり検証】
サガスカーレットグレイス、発売されてはや1ヶ月が経ちましたがまだまだ楽しんでいます。 やり込みどころが非常に多く全然飽きません。 さて、3周目はバルマンテ編をやっていますが、仕事も忙しくなってきてなかなか進められていません。 低レ...

シナリオ分岐

すごく嬉しいデータその2です。
各主人公のメインとなるシナリオや緋の欠片編やシグフレイ編などの詳細が事細かに書かれていました。

各州で起きるサブシナリオについても詳細が書かれていたので、これでようやく取りこぼし無くシナリオを進めることができるなと。

 

面白いのは各ボスの倒し方もしっかり載っています。もちろんファイアブリンガーも!
私もファイアブリンガーの倒し方の記事を書きました。

サガスカのラストバトルをクリアするオススメ攻略方法【勝てない人向け】
サガスカーレットグレイスも2周目が終了しました。ウルピナ編は頭腐ってるって言われまくってたけど楽しいシナリオでした。 さて、前回も含めた2周で弱いファイアブリンガーと最強ファイアブリンガーの両方のラスボスと戦え...

結構多くの方に読んでいただけてますが、攻略ガイドと倒し方の違いがあってそれまた面白いです。
あー、こういうベクトルで考えるのもありだよなー、と思ったし、なにより説明がわかりやすい!!

設定創作メモなどおまけも盛り沢山

インタビューや設定創作メモで、サガスカができるまでを楽しめます。

裏話的な部分が見えてファンとしてもうれしいですね!!
ロマサガ3の舞台脚本も作っているとちぼり木さんの戯曲台本もあってちょっとおもしろい。

この本やばいわ

正直今回のこの本、すごいです。もうね、完全にネタバレの宝庫と化してます。
親切で丁寧なつくりになっているし、ユーザーが欲しいと思っている情報をほとんど網羅しています。

書かれてないことといえば、かなりマニアック部分くらいかと。
攻略ガイド編なんかは、与えるダメージや被ダメージの計算式、状態異常の計算式なども出てるくらいなので、痒いところまで手が届いている本だなと思いました。

正直、初期に出るような攻略ガイドって、中身が薄いイメージだったので、今回は買うか迷ったのですが、買って正解でした。定価も2,200円+税とまあまあな値段なのですが、値段以上の価値がある本に仕上がっていました。
ファンブックとしても、資料集としても、攻略本としても、最高にツボを突いてきてすごいです。
編集大変だったろうな……。

 

これからサガスカを買ってみようかな、と思っている方は、一緒に購入するのもいいと思いますし、もう何十周もしたよって方にとっても、今後の制限プレイなどに欠かせないお供になると思うので、「緋の天啓」はかなりおすすめです。

すごい文章量も大容量なのでこれからゆっくり読むのが楽しみで仕方ありません。

 

コメント